監視カメラの今後

現在の監視カメラは技術の進歩で高画質の映像を長時間、撮影・録画することができ、解析システムの向上や、低コストのため世界中で普及が進んでいます。日本に設置されている監視カメラは300万台以上と推計されており、今後も増え続けると予想されます。特にアジア地域で需要が増えつつあり、東南アジアではインフラ整備にともない公共施設などの監視カメラの需要が増えつつあります。

中国でもセキュリティを目的として需要がますます増えています。中東では、テロ対策として監視カメラの需要が増えており、欧米でも商業施設などでの需要が増えています。日本ではコンビニでの需要や食品工場の製造ラインに監視カメラを設置する企業も出てきています。

最近ではコンピューターネットワークに対応したIPカメラ(ネットワークカメラ)の需要が増えており、毎年成長を続けています。パソコンやタブレットなどでIPカメラの遠隔監視ができることで、ネットワーク環境があればどこにいても常に映像を確認することができことが、最大のメリットです。画質や解析ソフトなどの向上とともに、店舗内の人の通行パターンの分析や消費行動などのマーケティングに監視カメラを活用する動きもでてきています。

技術の進歩で様々な目的や用途を持つ監視カメラが開発されていることで、多種多様な分野での活用が期待されています。そのため、監視カメラのニーズはますます高まっています。

参考ページ>>>アロバビュー