監視カメラの基本知識

監視カメラは、普段の生活で目にされる事が多い事と思います。例としてはコンビニ、マンション、ATMの近辺、飲食店など、あらゆる場所に設置されています。それでは、防犯カメラとの違いというのはイメージできるでしょうか。当サイトでは、防犯カメラと監視カメラの違い、今後のカメラの進歩について紹介しています。

監視カメラと防犯カメラは目的が異なり、防犯カメラは主に、防犯防止として利用される事が多いです。オフィスは飲食店などの、天井付近に設置される事があります。これは、盗難が起こったり、強盗などが起こった際に、犯人の顔や犯行を確認できるために使われます。対して監視カメラですが、これは防犯を目的としていますが、他にも交通量を調べたり、川や海の水量を調査したりする際にも使われる事があるものです。

昔とは異なり、今では高画質で長時間の録画も可能としているものが多いです。しかし、それ以上に低コストで設置したり、撮影したりする事ができるようにシステムの研究が続いています。今ではネットワークに対応しているものも増えてきており、パソコンなどで遠隔的に監視を行う事も出来るようになってきているなど、性能が向上してきています。より低コストで設置できるようになれば、自宅にもより、取り入れやすくなるのではないでしょうか。当サイトではこれらのような監視カメラに関する情報を紹介しています。より詳しく知りたい方はぜひ、チェックしてみてください。